クレジットカード現金化を依頼する時の危険な「サイン」とは?

クレジットカード現金化を行なっている業者は非常に多く、そこから信頼性の高い業者を見つけるのはそれほど簡単なことではありません。

では、「悪質な業者かも」と判断する上で助けとなる2つのサインをご紹介しましょう。

1つ目のサインは「振込の回数とタイミング」です。

評判が良い優良業者の特徴として、「振込は遅くとも翌日で、振込回数は1回」という点が挙げられます。

担当するオペレーターが振込の時期を明確に伝えることができない、あるいは振込を数回に分けて行うことを提案してくる、というようなケースでは、適正な換金率で取引が行われる可能性は低くなります。

ですから、不要なリスクを回避するためにも、その業者との取引は中断するのがふさわしいでしょう。

2つ目のサインは「個人情報」です。

優良な業者は不必要な個人情報を聞き出そうとすることはありません。

もともとクレジットカードの現金化は、通常のショッピングと同じ扱いなのです。

小売店における購入手続きで、申し込み者の住所や仕事先の電話番号などを尋ねるレジ担当者はまずいないでしょう。

ですから、個人情報を聞き出そうとプレッシャーをかけてくるオペレータがいたなら、その業者は利用しないのが賢明です。

他にもあるこんなクレジットカード現金化

電子マネー以外にも、クレジットカード現金化の方法はたくさんあります。

例えば、大手ネットショップで利用できるギフト券やなどは、購入時にはクレジットカードを使うことができますし、それを買取業者に買い取ってもらえば現金を手にする事が可能です。

こうしたギフト券系の買取は、数年前に詐欺の手口としてよく使われていたもので、「コンビニでここのギフトカードを買ってコードを送ってね!」なんてメッセージがハッキングされた知り合いからメッセージアプリで送られるという事件が多発しました。

 

そうした事件性があるため、現在ではギフト券系においては基本的には購入時のレシートがなければ買い取ってもらうことができません。

 

そのため、もしもクレジットカード現金化としてこうした媒体を利用する場合には、レシートをしっかり保管しておくことをおすすめします。

 

また、こうしたカードをまとめ買いすると、場合によってはクレジットカード会社からクレジットカード現金化を疑われることがあるという点は注意した方が良いでしょう。

 

同じ商品のまとめ買いは、頻繁に行ったり大量にまとめ買いをすると現金化のリスクが高いということで、カード利用停止の措置が取られてしまうことがあります。気を付けてください。

電子マネーが現金化できるって本当?

現金がなくてもサッと決済できる電子マネーは持っているととても便利です。特に、電子マネーにいくらかチャージされていれば、お財布の中に現金が入っていなくても安心ではないでしょうか。

 

しかし、すべてのショッピングや飲食の支払いに電子マネーが使えるというわけではなく、現金オンリーの支払いしか受け付けていないところはたくさんあります。

そのため、手持ちが電子マネーしかなくて現金が今すぐに必要という場合には、持っている電子マネーを現金化できないかな、と考えるのではないでしょうか。

 

基本的に電子マネーの現金化は、クレジットカード現金化と比べると難しいです。

電子マネーの場合には、現金化というのは「出金」という扱いをする事になりますが、カードを解約する以外の方法だと、電子マネーを利用することによって貯めたポイントをキャッシュバックしてもらうという方法が一般的となります。

これは、今すぐに現金が必要な人にとっては間に合わないことが多いですし、ポイントをキャッシュバックだとかなり時間がかかります。

 

しかし電子マネーのカードを解約して出金するのも、今すぐというわけにはいかないことが多く、しかも解約するとそれ以降、電子マネーが使えなくなってしまうというデメリットもあります。

電子マネーの現金化は、クレジットカード現金化と同じような方法ではできないということは念頭に入れておいた方が良いでしょう。

こんな方法でもクレジットカード現金化ができる

クレジットカード現金化の方法には、裏技として、返品処理という方法があります。

 

これはどういうものかというと、クレジットカードで商品を購入し、それを返品して代金を現金で返金してもらうという方法です。

この方法は現金化としては手数料がいっさいかからないので便利な方法ですが、いくつか注意点があります。

 

1つ目の注意点は、返品するのは商品を購入した翌日以降でなければいけないという点です。

購入した当日に返品しようとすると、クレジット処理のキャンセルという扱いになるため、返金してもらうことはできません。

 

クレジットカードへのチャージがなかったという処理になってしまうのです。

しかし翌日以降だと、すでにチャージされた分がクレジットカード会社に送られているため、キャンセル扱いが出来ず、返品と返金の処理が必要となります。

 

2つ目の注意点は、クレジットカードでの購入に対する返金を現金でしてくれる業者は多くないという点です。

大半のショップでは、このクレジットカード現金化を予防するために、クレジットカードでの購入に関しては、返金はカードへ直接行うというルールになっているショップがほとんどです。

現金で返金してくださいと依頼しても断られてしまうことが多いので注意しなければいけません。

業者を利用すれば絶対にバレない?

クレジットカード現金化を業者のサービスを利用して行う場合、自分自身で商品を買って質屋などの店舗に持ち込むよりは、クレジットカード会社にバレる心配は少ないと言えます。

しかし、100%絶対にバレないかと言うと必ずしもそういうわけではなく、場合によってはバレてしまう可能性があることは覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

どうして業者のサービスを利用するとバレにくいのかという点ですが、その理由はご存知ですか?そこには、決済代行会社という存在があります。

 

どの業者でも、クレジットカード決済をするためには、クレジットカード会社と提携しなければいけません。

しかし、クレジットカード現金化は禁止されているので、現金化を行う業者がクレジットカード会社と提携することは難しいわけです。

そのため、現金化を行う業者は決済代行会社を利用しているのです。

決済代行会社はあらかじめクレジットカード会社と提携しているので問題なく決済できますし、現金化を行う業者以外にもたくさんの業者からの依頼を受けて決済代行を行うため、クレジットカード会社にとっては発見しにくい傾向にあるのです。

 

必ずバレないというわけではありませんが、バレるリスクはかなり低いため、クレジットカードの利用停止を避けたい場合には業者を利用するのが良いかもしれません。

クレジットカードの利用停止のリスクが高いのはこんな時

クレジットカード現金化は、どの方法でも現金化自体がクレジットカード会社の規約で禁止されていることが多いため、クレジットカード会社にバレると利用停止という対応をされてしまうことになります。

 

ショッピングやレストランでの飲食の決済にも使いたいクレジットカードそのものが使えなくなってしまうのは、困ります。

 

そのためにも、クレジットカード現金化をする際には、できるだけクレジットカード会社に悟られない方法を選ぶのが賢明なのです。

 

クレジットカード会社にバレるきっかけはいろいろありますが、まとめ買いをするのはバレるリスクが高いと言えます。

 

例えば、ゲーム機のソフトをいくつもまとめて購入するということは、普通の生活ではあまり一般的ではありませんし、還元率が高いギフト券や金券、新幹線の回数券などをまとめ買いするのも、かなり怪しいと思われてしまいます。

 

もしも還元率が高いアイテムを使って現金化したい場合には、まとめ買いをしないことがポイントとなります。

 

また、まとめ買いをしなくても週に何回も購入するなど頻繁に利用していると、それもクレジットカード会社からは怪しいと思われてマークされてしまうことになるので注意しましょう。

現金化業者で逮捕者がいるって本当?

実際に調べてみると、クレジットカード現金化はグレーゾーンにあるサービスです。違法ではないのですが、それなりにリスクがある点に注意してください。

そしてクレジットカード現金化について調べてみると、実際に逮捕者が出たことがあるという情報が見つかります。

そうなると、本当にこのサービスを利用しても大丈夫なのかと不安に感じる人もいるのではないでしょうか。

クレジットカード現金化での逮捕者は、悪質業者側です。実際に利用している人が逮捕されたわけではありません。

しかもこの業者は、カード情報を使って本人でもないのに決算をしたり個人情報を流出させたりと、ずさんな経営をしていたことが原因です。

そんなことも起きるのかと不安になるかもしれませんが、貸金関係ではこういう悪質業者は沢山あります。

そのため、クレジットカード現金化業者だけに限った話ではありません。

そしてすべての業者が逮捕されるわけではなく、やり過ぎてしまった業者が逮捕されたことだと知っておいてください。

確かにこういう情報を見ると、絶対に利用しないほうが良いと考えてしまうかもしれません。

しかし優良業者と言われているところも数多くあり、今も多くの人がクレジットカード現金化をしているのも事実です。

もしも利用するのであれば、安心して利用できる優良業者を探しましょう。

家族名義のカードでクレジットカード現金化はできるのか

クレジットカードが自分名義のものならともかく、家族名義のものだったら現金化は可能なのでしょうか。これは難しい問題です。

実際にそのカードを使って現金化は可能なのですが、利用する際にはそのカードの名義人に対して本人確認が必要だからです。クレジットカード現金化業者を利用する際に審査は不要ですが、そのカードを使っても問題がないのかを確認はするので注意してください。

最初の疑問に対する答えとしては、現金化は可能でも家族に内緒ですることはできないというものになります。仮に家族を騙って本人確認を突破できたとしても、その請求は名義人に対して行われます。そこから不自然な買い物が見つかれば、何か買い物をしたことが知られてしまうのです。

しっかりとした手続きをすれば可能なことですが、それならそもそも名義人の人がクレジットカード現金化をすれば良い話になります。そのため家族名義のカードを使うことはできても、現実的な方法ではないと知っておいてください。

実際にお金が手に入ったとしても、そこから家族間でトラブルが起きてしまっては大変です。クレジットカード現金化業者も、このようなトラブルを避けるためにしっかりと確認をしているので、自分名義のカードで利用するようにしてください。