専門」カテゴリーアーカイブ

クレジットカード現金化を依頼する時の危険な「サイン」とは?

クレジットカード現金化を行なっている業者は非常に多く、そこから信頼性の高い業者を見つけるのはそれほど簡単なことではありません。

では、「悪質な業者かも」と判断する上で助けとなる2つのサインをご紹介しましょう。

1つ目のサインは「振込の回数とタイミング」です。

評判が良い優良業者の特徴として、「振込は遅くとも翌日で、振込回数は1回」という点が挙げられます。

担当するオペレーターが振込の時期を明確に伝えることができない、あるいは振込を数回に分けて行うことを提案してくる、というようなケースでは、適正な換金率で取引が行われる可能性は低くなります。

ですから、不要なリスクを回避するためにも、その業者との取引は中断するのがふさわしいでしょう。

2つ目のサインは「個人情報」です。

優良な業者は不必要な個人情報を聞き出そうとすることはありません。

もともとクレジットカードの現金化は、通常のショッピングと同じ扱いなのです。

小売店における購入手続きで、申し込み者の住所や仕事先の電話番号などを尋ねるレジ担当者はまずいないでしょう。

ですから、個人情報を聞き出そうとプレッシャーをかけてくるオペレータがいたなら、その業者は利用しないのが賢明です。

クレジットカードの利用停止のリスクが高いのはこんな時

クレジットカード現金化は、どの方法でも現金化自体がクレジットカード会社の規約で禁止されていることが多いため、クレジットカード会社にバレると利用停止という対応をされてしまうことになります。

 

ショッピングやレストランでの飲食の決済にも使いたいクレジットカードそのものが使えなくなってしまうのは、困ります。

 

そのためにも、クレジットカード現金化をする際には、できるだけクレジットカード会社に悟られない方法を選ぶのが賢明なのです。

 

クレジットカード会社にバレるきっかけはいろいろありますが、まとめ買いをするのはバレるリスクが高いと言えます。

 

例えば、ゲーム機のソフトをいくつもまとめて購入するということは、普通の生活ではあまり一般的ではありませんし、還元率が高いギフト券や金券、新幹線の回数券などをまとめ買いするのも、かなり怪しいと思われてしまいます。

 

もしも還元率が高いアイテムを使って現金化したい場合には、まとめ買いをしないことがポイントとなります。

 

また、まとめ買いをしなくても週に何回も購入するなど頻繁に利用していると、それもクレジットカード会社からは怪しいと思われてマークされてしまうことになるので注意しましょう。