クレジットカード現金化を活用するなら限度額増額を申請しよう

クレジットカード現金化を利用するときのポイントとして、一度の利用が高額であればあるほどお得になる点があります。

 

これは金額が大きければ大きいほど、業者側の利益も出やすくなるため、換金率が高くなるからです。

 

10万円で換金率が80%なら、2万円が業者の取り分になります。そして50万円の90%なら、5万円が業者の取り分になるのです。

 

それでいて手続きなどにかかる手間は同じなので、高額であればあるほど換金率を高くしても、業者側は得をできるようになっています。

先ほどの例はわかりやすくするための数字を使っていますが、このような仕組みあるので一度の利用時に金額を増やす方法は効果的です。

 

不必要なほど高くしても意味はありませんが、あと少しで換金率が上がるというのであれば、カードの限度額を一時的に増やして利用額を高くするのもテクニックになります。

この方法は、上手く計算ができる人でなければ逆に損をすることもあります。そのため実際に自分が必要とする金額と、そのクレジットカード現金化業者の換金率をチェックし、一番得ができる方法を選んでください。

 

細かい計算は面倒かもしれませんが、サービスを最大限活用するなら活用したい方法です。