初心者が陥りやすい上野にある現金化業者の掲げる換金率の罠

安全に利用できる優良なクレジットカード現金化業者もある一方で、初めて利用する人が損をしやすい側面もあるのがクレジットカード現金化業界です。

とくに新宿や上野、池袋などの現金化業者の多く存在する地域ではそれぞれの注意点があります。

そこで今回は、現金化上野を利用する際の初心者が気を付けておくべきことを紹介します。

まず、クレジットカード現金化業者の掲げる換金率に注意です。

ネットを検索すると多くの業者が90%以上の高換金率で宣伝していますが、その換金率のままの金額を受け取れる可能性は少ないと言わざるを得ません。

誇大広告が多いと言えばそれまでですが、実際に入金される金額に照らして考えると、換金率は70~80%が実質的な数字と言えるでしょう。

本当に換金率を高くしている優良業者でも90%以上の金額が振り込まれることは考えにくいです。

というのも、申込金額に換金率をかけた金額がそのままで振り込まれるわけではないからです。

クレジットカード現金化には、カード決済手数料、消費税、振込手数料、その他もろもろの費用がかかります。

そのため、実際に振り込まれる金額は実質的に70~80%の換金率に落ち着くのです。

ですので、高い換金率を掲げる業者の広告を見ても、その換金率のまま入金されるわけではないことを知っておいてください。

優良業者なら諸費用を引いた実際の入金額を表した数字を換金率として掲げていることもありますが、その場合90%もの高い数字になることはあり得ません。

優良店と利用者の中で呼ばれているような店舗では掲載しているまたは説明している換金率が低い特徴があります。

それは、実際に振込まれる金額を提示しているということです。

良くあるのが、85%の換金率と説明しながらも手数料と称して1,000円、2,000円といって減らされていく、しかも決済が完了した後に発覚するということです。

これじゃ、商売ではなく詐欺行為です。

ですから、換金率だけでは判断ができないということです。

さらに、上野では現金化業者が多く営業しています。

インターネットと実店舗の両方で営業している業者もいますので、時間があれば店舗まで足をはこんでスタッフなどの対応を確認しておくことも有効です。

何度が利用売るのであればスタッフやお店を見ておけば後は自宅からインターネットで申込みができますし業者を探す必要もなく、騙されるリスクも減られます。

そういった状況もあり、上野での現金化であればインターネットと実店舗の兼用店がお勧めとなります。

ただ、実店舗だけは悪質なのかというとそうではありません。

特に実店舗での営業はインターネットと違い、参入までの障害がとても多くあります。

なので正確には実店舗の方が悪質な業者の存在は圧倒的に少ないです。