月別アーカイブ: 2020年6月

利用停止の可能性

利用停止の可能性は?クレジットカード現金化のリスクについて

クレジットカード現金化サービスについて、法律的にどうなのかという話はしばしば議論になります。しかし現状、明確な法律違反とは言えないというのが主流の見方です。買い物をしてキャッシュバックを受け取っているだけというふうに見られるからです。ただし、クレジットカード現金化サービスを利用するにあたり、いくつかリスクがあることも理解しておきましょう。

まず覚えておかないといけないのは、お客によって不利な条件のサービスである点です。クレジットカード現金化は、クレジットカードで商品を購入すると、キャッシュバックとして現金が手に入るサービスです。しかし、購入代金とキャッシュバック額はイコールではありません。購入代金よりもキャッシュバック額は低く設定されています。この時点で損をしていることが分かると思います。また、プラスカード会社への支払方法で、分割やリボ払いを選択すれば金利手数料が発生します。代金よりも余計な利息を支払わないといけないので、損もそれだけ大きくなるのです。

また、クレジットカード現金化のリスクとして、カードの利用停止の危険性がある点も留意しなければなりません。クレジットカード現金化の違法性は明確にあるとは言えませんが、カード会社の利用規約に違反している可能性は高いです。カード会社の中には、現金化サービスを利用するためにカード決済をしてはならないと利用規約の中で明示しているところもあります。もし規約違反が発覚すれば、今後クレジットカードは利用できなくなります。しかも利用停止になった段階で、それまで使った代金を一括で支払ってくれといわれるかもしれません。もしクレジットカード現金化以外にもショッピングとして買い物をしていた場合、まとまった額の請求が来てしまう恐れも出てきます。

クレジットカード現金化はグレーな部分があることは否めません。そのため、業者の中には悪徳業者も含まれているのもリスクのひとつです。悪徳業者に手を出してしまうと、クレジットカードでショッピングをしたにも関わらず、現金が一切支払われないなどといった、詐欺にあうこともありえます。クレジットカード現金化業者の中には、長年営業しているきちんとしたところもあります。悪徳業者に引っかからないようにするためには、利用する前に会社の下調べをきちんと行いましょう。換金率が不当に低かったり、高かったりすることはないかチェックすることも大事です。また、口コミの評判を見て、問題がないかどうかを確認するのも有効な対策です。